土地ありで1000万円の新築注文住宅で建てられる間取りを紹介

古い住宅に暮らしている人、貸家に住んでいる人にとって「新築の一軒家を建てる」のは、大きな目標といえます。特に、家族が増えてくるとできるだけ広く、新鮮な環境で暮らしたいと願うのは当然でしょう。

そうはいっても、新築で注文住宅を建てるにはかなりの費用がかかります。また、「階数」「間取り」「配管」などこだわるポイントが増えるほど、費用はかさんでいきます。

ともすれば、総返済額が億単位になるローンを組まなくてはいけなくなる計画も珍しくありません。経済的負担は、家を建てる際の大きなネックになりがちです。

しかし、土地ありきであれば1000万円前後の予算でも注文住宅を建てることは可能です。実際に建てる住宅を設計段階から工夫し、コストを安価に抑えましょう。

ただし、いくら予算が安くなるからといって、一軒家としての機能を果たしていない住宅を建ててしまっても本末転倒です。

この記事では、予算1000万円程度で注文住宅を建てる際の間取りや注意点などを解説していきます。

ただし、あくまでも相場・概算でしかありません。

予算内で注文住宅を建てたい場合、相見積り(複数の住宅会社へ見積りを依頼すること)が必要です。全く同じ仕様の注文住宅であっても、業者ごとに見積り金額が異なるからです。

この中から、気に入った業者を選び、見積りを依頼して予算内で理想の注文住宅を建てるようにしましょう。

予算内で満足できる家を建てるためにできること

1000万円という限られた予算の中で満足のいく家を建てるためには削れる費用は削りましょう。しかし、自分がこだわりたいポイントはこだわるべきです。どんなポイントを重要視して家を建てるべきなのかを見ていきましょう。

シンプルな内装・外観にする

内装・外観をシンプルにすることで材料費や手間・デザイン料などが削減できます。

たとえば、内装で壁紙の種類を増やせばそのぶん費用はかさんでしまいます。

また、複雑なレイアウトにこだわりすぎると、工事の手間が増えていくでしょう。外観でいうと「フェンス」や「門」などは必需品でないにもかかわらず、費用がかかる部分です。

「フェンスはセキュリティになっている」との意見もありますが、実際にはそれほど防犯効果は高まりませんし、ビジュアルを良くする意味合いの方が強いといえます。フェンスがなくても、あまり困る場面は出てきません。

こだわりがないポイントについてはなるべくシンプルにし、こだわりたい部分のみ費用をかけるべきです。家族の快適性、外観の違和感などに問題がないなら、特にお金をかける必要はありません。

四角形の間取りにする

作業の手間隙は建設費用に大きく影響します。作業が難しい住宅ほど、予算もふくらむ傾向があるのです。

たとえば、凹凸の多い外観デザインは同じ床面積でも建物の表面積が増えることで材料費や足場代がかかります。つまり、余計な費用が発生してしまいがちで、予算の1000万を超えてしまいがちです。

また、奇抜な空間設計も建設費を安く抑えるためには避けましょう。レイアウトが複雑になればなるほど、住宅の強度を保つのが難しくなるので作業数が増えますし、そのぶん工期が延びていきます。

おすすめなのは、「四角形」をイメージした間取りです。なるべく正方形や長方形の間取りを希望すると、費用が安くなります。

なるべく仕切りのない間取りを心がける

洋風の住宅になると、家の中に壁をたくさん作って部屋同士を仕切っていく特徴が出てきます。しかし、この壁こそが建設費用をふくらませる原因のひとつなのです。仕切りのために壁を作るとそのぶん、材料費がかかります。

もちろん、工期も延びるので費用はかさんでいく一方でしょう。家族など、気兼ねのいらない者同士で住む家庭なら部屋の数を少なくし、作業量を減らすのがおすすめです。壁が少なくなると、将来的にリフォームを行っても費用が安くつくメリットが生まれます。

ただし、家族であってもひとりになりたいときは出てきます。どうしてもプライベートな空間にしたい箇所を見極めたうえで、なるべく仕切りを排除しましょう。

収納や配管をまとめてできるだけ無駄を省く

建設費用を削減するためには、収納や配管を工夫しましょう。収納や配管を1カ所にまとめることで必要となる設備が減り、予算削減につながっていきます。

たとえば、収納場所が家にいくつもあると、それだけスペースを広くとらなくてはいけません。扉や壁などの材料費がかさみ、作業費もふくらみます。

収納場所は「ひとつの階にひとつ」を目安にすると、建設コストは減らせるでしょう。配管もまた、複雑になればなるほど工事費が高くなっていきます。

配管は短ければ短いほど、工事費が安くなる部分です。また、配管が短くなるとメンテナンスも楽になるので、将来的な維持費も抑えられます。

実際に1000万円で建てた住宅の間取りを紹介

これまで建設費用を抑えるテクニックを紹介してきましたが、実際に1000万円で建てた家はどのような間取りになっているのでしょうか。

ここからは、予算削減に成功した間取りの具体例を挙げながら、1000万円で立派な家を建てるコツをチェックしていきます。

平屋での間取り

まずは平屋の間取りです。平屋は階数が少ないぶん、比較的費用を抑えやすい設計ではあります。

そのかわり、ともすれば窮屈な住み心地になってしまいかねません。予算1000万円でリラックスして過ごせる家を建てる秘訣を探っていきましょう。

こだわりのウッドデッキで開放感のある住まいに

家族でリラックスするための家にするなら、開放感が重要なポイントです。Aさん夫妻が建てたのは、暮らしやすさを優先させた機能的な平屋でした。

仏壇のある和室と寝室になる洋室、そして生活空間となるLDKを広めに確保したシンプルな設計が印象的といえます。特に、夫妻のお気に入りスペースになっているのは、庭に面した広いウッドデッキです。

夏には夜風を感じたり、秋にはお月見をしたりと風流な趣のあるウッドデッキは、平屋に奥行きをもたらすことにも成功しています。延床面積54.66平方メートルを少しも無駄にしていない間取りは、少ない人数で暮らす平屋づくりの参考にしたいところです。

これで費用は800万円と格安に納まっており、1年を通して暑さや寒さに困らない通気性も大きな魅力とのことです。

暮らしやすさに配慮したコンパクト平屋

Bさん一家が建てたのは、小さな子どもと一緒に暮らしていくためのコンパクトな平屋住宅です。こだわりポイントはリビングに設けたロフトでしょう。

セカンドリビングにも収納空間にもなるので、生活で大活躍してくれるスペースとなっています。住み心地を維持するためには高価な素材を使った防寒対策もありますが、Bさんは天窓から日光を取り込み、家中を温かくすることにしました。

また、家周りのフェンスを取っ払ったシンプルな外観も特徴的です。ただし、防犯対策はまったくしていないわけではなく、最新式の電子ロックできっちり空き巣対策が施されています。

大がかりな外観をそなえていなくても、防犯は十分に実施できるので参考にしたいポイントです。延床面積は111.1平方メートルとコンパクトな間取りですが、それでも建設費用は1000万円以内に収まっています。

2階建て以上の間取り

1000万の家で「プライベートを重視したい」「部屋をたくさん作りたい」という人には、やはり2階建て住宅がおすすめです。

階数が増えればそれだけ予算も大きくなりがちですが、工夫次第では1000万円以内で2階建てを実現することもできます。

実例をのぞいてみましょう。

中二階のある収納の充実した住まい

Cさん一家の2階建て住宅は、スクエアな外観が印象的です。非常にシンプルな設計ゆえ、工事費を抑えて総費用を1000万円以内に収められました。

ただし、予算の少ない住宅でありがちな問題が「プライベート空間の少なさ」です。どうしても部屋の数が少なくなってしまうため、自宅にいてもリラックスタイムを確保できない人は少なくありません。

そこで、Cさんが有効活用したのは中二階のスペースです。スキップラウンジスペースは収納場所であるとともに、Cさんの趣味アイテムをコレクションしている大切なプライベート空間です。

ひとりだけの時間に没頭したいときにも安心して訪れられる場所が実現しました。そのほか、リビングの天井を高くして開放感を演出するなど、ところどころにお金をかけず住み心地を良くする工夫がなされています。延床面積は92.74平方メートル、大人も楽しく住める一軒家です。

子育てに適した家事楽住まい

新築の2階建て住宅にこだわる人の多くが「子育て」を念頭に置いています。成長の早い幼い子どもを持つ夫婦は、近い将来「子どものひとり部屋」などの問題にぶつかるでしょう。

また、子どもの体が大きくなるにつれて、狭い家の住み心地が悪くなってしまうケースもあります。

そこで、プライベート空間を作りやすい2階建てを安価で建てるプランが必要になってくるのです。

Dさん夫妻は、1階にリビングやキッチン、和室が仕切りなしでつながった大きな空間を用意しました。ママが家事をこなしながらも、リビングで遊んでいる子どものようすを確かめられるので非常に便利です。

また、和洋折衷型のインテリアを採用し、扉や仕切りの少ない設計も違和感なく過ごせるようになっています。東京都内でありながら約1000万円で建設したアイデア住宅だといえるでしょう。

家族で住みやすいシンプルな間取り

Eさん一家の2階建て住宅は、まず凹凸のないシンプルな外観に驚かされます。中に入ってみてもやはり間取りは簡潔に設計されており、リビングやキッチンをのぞいては正方形に近い部屋が並びます。

工事の手間を省くレイアウトゆえに、予算1000万円での建設が実現しました。しかし、単に費用だけを考えた間取りではありません。キッチンからリビング、そして2階への階段と動線を細かく設定した空間は、生活するうえでのストレスを軽減しています。

また、日差しや通気性にも配慮が行き届いていて、家族が快適に過ごせる空間です。四角形にこだわるレイアウトは住む人に圧迫感を与えてしまいがちだからこそ、配置には気をつけたいところです。

少ない坪数を活かしきった3層住宅

坪数が多くなれば、そのぶん住宅の費用もかさんできます。少ない坪数で十分な空間を確保したいなら3層住宅にしてみるのもひとつの方法でしょう。

Fさん一家は予算1000万円、建築面積22坪の条件で3層住宅を建てました。限られた土地を最大限に活用するため、屋根裏のスペースを広げて2階建てを3層にグレードアップしたのです。

屋根裏は収納スペースとして利用し、そのぶん1階と2階を広く使えるようになりました。また、日光を取り入れるために窓はできるだけ大きく設計し、室内の明るさにも気をつかっています。

なお、3階建て住宅を建てるよりも、3層住宅として建てる方が税金対策にもなります。「家を建てたくても所有している土地面積が狭い」と悩んでいる人は、参考にしたい住宅です。

憧れの北欧風キッチンを実現した住まい

建設費を抑えるためには「いかにして広く建てるか」という発想から「いかにして限られたスペースを広く使うか」という発想に切り替えてみましょう。Gさん一家は北欧デザインを取り入れた設計で、住宅のスペースを最大限に利用しています。

北欧デザインが世界中で愛される理由は、その機能性と無駄のなさです。寒い季節が長く続く北欧では、室内環境を整えることが死活問題です。

そのため、動線の邪魔にならないようシンプルなインテリアや、デッドスペースを生まないための曲線的なディティールが用いられるようになりました。北欧よりも気候が暖かい地方であっても、北欧デザインから学ぶ点は数多くあります。

Gさんはスペースが狭くても収納に工夫を施した北欧風キッチンで、1階の広がりを手に入れました。延床面積は101.85平方メートル、予算1000万円ですが、それ以上の快適性をそなえているといえます。

予算1000万円で住宅購入する際に気をつけるべきこと

1000万円以内で住宅を建てる際には気をつけるべきことがたくさんあります。予算に気をとられるがあまり、他の要素がおろそかにならないよう注意を払いましょう。ここからは、具体的な注意点について確認していきます。

建物の保証・アフターサービスについて

住宅を購入する際、「保証」や「アフターサービス」についてのプランも提案されるのが一般的です。これらのサービスに加入しておくと、もしものトラブルが起きても大きな損失を払わなくて済みます。

たとえば、天災によって家が破損したときなどは保証のメリットを実感できるでしょう。

ただし、これらのサービスの多くは有料であり、仮に無料だとしても期間限定のケースが珍しくありません。

予算が少ない状況では、保証を削ってそのぶん工事費にまわそうとする人もいます。しかし、住宅の保証やアフターサービスを軽視すると、実際に家に住んでから家の欠陥などがあった際に思わぬ費用がかかります。

保証が適用できないので、修繕費を全額自己負担しなければいけなくなるでしょう。保証は必ずかかる費用だと割り切って購入計画を立てるのがおすすめです。

住宅に追加するオプションについて

ローコスト住宅を取り扱っているハウスメーカーの多くが「オプション方式」で価格を見積もってくれます。「広い間取り」「庭付き」「システムキッチン」など、オプションを追加すればするほど価格が上がっていく方式です。

ローコスト住宅のオプションはそれぞれが安価であるため、ついいろいろと追加したくなりがちです。

しかし、たとえ安価でも自分が取り入れたいオプションをどんどん追加していくと、予算を超えてしまいます。

また、購入時は安価でも、後々「水道代」「光熱費」などの生活費に大きく影響し、結局は損してしまうケースも珍しくありません。ローコスト住宅では、自分にとって本当に必要なオプションを吟味し、採用するかを考えましょう。

オプション選択をしぼりこみ、不要なオプションを削ぎ落とすと低予算でマイホームが手に入ります。

耐久性について

地震が頻繁にある日本では、住宅の強度も欠かさずチェックしたい項目です。耐震については建築時の基準が明確にあるため、基本的には問題ありません。

市場に出回っている住宅はまず、一定の強度をともなっています。

しかし、住宅の強度は年月と共に落ちていきます。建築時に基準をクリアしていた住宅も、徐々に老朽化していくのです。

また、人間が暮らすようになってから壁や柱に負担がかかり、地震にあらがえなっていく可能性もあります。そのため、住宅の耐震メンテナンスは必須事項です。

ただし、住宅によってメンテナンスの難易度は変わります。外壁、ガレージなどメンテナンスする箇所が多ければ、メンテナンス費も当然高くなるでしょう。

また、住宅の建築素材によっても推奨されるメンテナンス頻度が異なります。家を建てた後にどの程度のメンテナンスが必要か、事前に考えておきましょう。

家としての性能について

いくら安い住宅でも「住まいとしての性能」が欠けていては意味がありません。特に、暑い季節と寒い季節の差が激しい日本では、断熱性、通気性、気密性、換気のしやすさなどは外せない要素といえます。

また、近隣に迷惑をかけないためにも遮音性は重要です。あまりにも価格が安い住宅を見つけたらすぐに飛びつかず、家のスペックを細かく確認するようにしましょう。

仕様を読んでいくと、質の低い素材が使われていたり、設備が不足していたりする恐れがあるからです。何かしら、欠陥を抱えた住宅を購入してしまうと後々、自力で修繕していかなくてはいけません。

結局は多額のコストがかかり、後悔を招くでしょう。大前提として、「自分が住んでいて苦痛を感じないか」を基準にして購入物件を選ぶのが肝心です。時には、不動産専門の弁護士などに相談して、購入したい物件に欠陥がないか確かめてもらうのもいいでしょう。

まとめ

予算1000万円でも満足のいく家づくりは十分可能です。土地ありのケースなら新築でも1000万以内で望みの家を建てられるでしょう。

ただし、そのためにはさまざまな部分に工夫をこらさなくてはいけません。

「間取り」「階層」「収納」など、手を入れられる部分がどこか、事前にしっかりと検討してから業者に注文しましょう。

一方で、「ゆずれない部分」もまた妥協しないことが肝心です。一度建てた家は長年に渡って住み続けなくてはいけません。

不満のある家で過ごす暮らしは、心身共に大きなストレスを招きます。「こだわる部分」と「こだわらなくていい部分」の見極めは徹底しましょう。

また、資金節約のためにはできるだけ良いローンを組むことも必要です。

特に、家を建てたいのにとりあえずの資金が貯まっていない人はローンを利用する可能性が高いでしょう。

返済回数、利子などを踏まえてローンを選べば、住宅にかかる経済的負担を抑えられます。新築住宅で幸せな暮らしを送るために、あらゆる準備を怠らず購入計画を進めましょう。

注文住宅の購入で「失敗して後悔したくない」なら業者の比較が必須

かなちゃん
注文住宅はどこで買っても同じですよね?
住宅博士
それは大きな間違いじゃ。

この業界は「クレーム産業」と呼ばれている通り、優良業者に出会えないと手抜き工事をされて欠陥住宅が完成してしまうんじゃ。

それどころか、手抜きされる上に同じ仕様の家でも、500万円もの金額の開きが出ることはよくある話……。

もったいないじゃろ?

だからこそ、1社でも多くの業者を知り、納得できる優良業者へ見積り依頼して比較するのが鍵なんじゃ。

そこでオススメなのが、積水ハウスやダイワハウス、ミサワホームなど人気会社はもちろん、あなたが住んでいる地域の地元の優良業社から一括で資料請求・比較ができる「LIFULL HOME`S注文住宅」です。

あなたが住んでいる地域の注文住宅の優良業者から一括資料請求・見積りができて、一発でどこが1番安いのかスグにわかります。入力はとても簡単、たった3分で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

また、予算から会社を絞ることもできるので、現実的なプランも建てやすくて夢が広がります。

同じ注文住宅なら、少しでも安い会社を選んでグレードアップしたり家具を買ったりしたいですよね!