予算2000万円で建てた家・注文住宅の間取りを土地込み・別で紹介

子どもが大きくなって空間が狭く感じられたときに、検討するのがマイホームの建築です。

住宅を建てるのが初めての場合は、どのように手続きを進めればよいのか迷ってしまう人もいるでしょう。

また、具体的な金額の目安がつかない場合は、非常に高い金額がかかるのではないかと不安に感じてしまうかもしれません。

しかし、2,000万円程度予算があれば、ある程度こだわりのある住宅が建てられます。こだわりを持った家に住めば、生活をより豊かなものにできるでしょう。

予算をもとに住宅を建てるためには、手続きを行う前に入念な準備を行っておく必要があります。

あらかじめ適切な準備や計画がしてあれば、スムーズに手続きを進めることができるためです。さらに、実際に2,000万円で建てられた住宅を知れば、どんな家を建てたいかイメージがしやすくなるでしょう。

この記事では、2,000万円で住宅を建てる際に必要となる準備と、実際に土地代込み・土地代別の2,000万円で建てられた住宅の事例を紹介します。

ただし、あくまでも相場・概算でしかありません。

予算内で注文住宅を建てたい場合、相見積り(複数の住宅会社へ見積りを依頼すること)が必要です。全く同じ仕様の注文住宅であっても、業者ごとに見積り金額が異なるからです。

気に入った業者を選び、見積りを依頼して予算内で理想の注文住宅を建てるようにしましょう。

2,000万円で家を建てるために必要な準備

家を建てるときは、最初に目安となる予算を設定すると、住宅の広さや土地などを決めやすくなります。

全体の予算を2,000万円とする場合は、その金額を基準にして詳細を決めるとよいでしょう。また、住宅を建てる前にどんな準備を行うのか段取りを知っておくとスムーズです。

ここでは、家を建てるために必要な準備を解説します。

事例をもとにどの程度の家に住みたいかを決める

2,000万円の予算で住宅を建てる際、決めておくとよいのは住みたい家の大きさや場所です。しかし、住宅の広さなどを好きなように決めていくと、2,000万円を超えてしまうかもしれません。

そのため、実際に約2,000万で建てた家の事例を参考にして選ぶのがよいでしょう。参考にした家の中から、自分の理想に近い家を基準にして決めていくのがおすすめです。

また、2,000万円程度で建てた家の広さや間取りを知れば、どんな雰囲気の家に住みたいのかイメージを膨らませやすくなるでしょう。

土地の価格と家の広さのバランスで住宅の金額は大きく変わるので、十分に考慮する必要があります。

予算配分を決める

設定しておいた予算を配分して目安を立てておくのも、大切な準備のひとつです。土地代・建物代・予備費にいくらかけるのかを考えて、2,000万円を振り分けます。

このとき、大体の広さや間取り、それに対する金額を決めておくのがおすすめです。予算ギリギリで計算した場合、資金に余裕がなくなって、仮住まい先の家賃や引っ越し先の家具などを購入できなくなってしまう可能性があります。

そのため、土地代や建物代にかける予算は抑えて計算するのがよいでしょう。また、このときに考えておく必要があるのが住宅ローンです。ローンの種類や支払い金額などを具体的に調べて組み込んだ計算をすると、かかる予算の金額も変わってくるでしょう。

土地を探す

土地を所有していない場合は、家を建てるための土地を探す必要があります。配分しておいた予算や自分が済みたい家の間取りのイメージに基づいて探すのがおすすめです。

全部屋の面積の合計に1.5~1.8をかけると、必要な建坪の目安を立てられます。

建坪を計算してから土地を探すと選びやすくなるでしょう。

土地を選ぶときのポイントは、職場までの距離や生活の利便性など、家庭が優先する項目によって変わります。

子どもがいる場合は年齢を考慮しながら、子育てに適した地域を選ぶのがおすすめです。

さらに、あらかじめ地域の土地価格の相場を調べておくと、適した土地か判断がしやすくなります。

また、土地は売りに出されていなければ購入できません。スムーズに準備を進めるためにも、候補となる土地は複数探しておきましょう。

実現可能なハウスメーカー・工務店を探す

予算配分や土地などが決まったら、積水ハウスなどのハウスメーカーや工務店に工事を依頼します。

満足できる仕上がりの家を建てるためには、配分した予算で住みたい家を実現できるようなハウスメーカーや工務店を選ぶのが大切です。自分がこだわりたいポイントが実現できるか確認しながら選ぶ必要があるでしょう。

情報を調べる際、1社だけでは偏りが出てしまうので、さまざまな業者を比較することが重要です。一括見積もりサイトなどを利用すると、ハウスメーカーや工務店を絞り込みやすくなります。

専門的な用語が出てきた場合は聞いたり調べたりすると、不安なく工事を進められるでしょう。

2,000万円で建てた住宅の間取りを土地込み・土地別で紹介

建てたあとの雰囲気や使い勝手が決まるため、住宅の間取りは非常に重要な要素です。

設備や使用される素材にもこだわりの工夫があれば、生活がさらに楽しくなるでしょう。さまざまな住宅を見れば、イメージの詳細も考えやすくなります。

実際に、土地込み・土地別で2,000万円でどんな住宅が建てられたのか見ていきましょう。

土地込みの住宅事例

まずは、土地を購入する際にかかった費用を入れて、2,000万円で建てられた住宅の事例を紹介します。

土地代などが含まれているため、住宅の価格は2,000万円よりも低くなる可能性が高いです。

しかし、工夫をすれば非常に個性的な住宅に仕上げることができます。

理想的な家に仕上げられるような間取りや設備を取り入れるとよいでしょう。

家族団欒ができるオープンキッチンのある家

家族団欒ができるこだわりを持った家には、1,500~1,999万円で建てられた家があります。

18.5畳のLDKには広々としたオープンキッチンがあり、家族と会話をしながら家事を行うことが可能です。

1階に3.7畳の収納スペースと、2階の合計5畳になるウォークインクロゼットが備えられているので、子どもの成長に連れてアイテムが増えても安心でしょう。また、壁や柱の角は丸みを帯びた形になるよう工夫されており、子どもがぶつかってもけがをしにくくなっています。

全員で集まれるような空間を作った間取りによって、家族のぬくもりが感じられるような家です。

ウッドデッキの中庭がある開放感のある家

ゆっくりと外でくつろげる空間を持った家には、1,500~2,000万円台で建てられた平屋風の家があります。

家の中央となる位置に、ウッドデッキを設置できる広い中庭が配置され、いつでもアウトドアを楽しめるのがこだわりポイントです。すべての部屋から中庭がのぞける間取りになっており、解放感を感じさせます。

中庭から入る光が部屋を明るくさせるので、採光性も良好です。2階洋室の天井を勾配にする工夫をしてあるため、縦方向にも開放的な空間に仕上がっています。

隣の家が近く、人目を気にしてしまう場合はなかなか外で団欒を楽しめませんが、中庭であれば人目を気にすることなく楽しむことが可能でしょう。

自然な素材を使用したナチュラルデザインの家

自然素材を使用して作られた家の価格は、本体価格1,255万円です。室内に木材を多く取り入れたナチュラルテイストに仕上がっているため、明るくやさしい雰囲気に仕上がっています。

天井の化粧梁にスポットライトが設置されている都会的なインテリアデザインが特徴です。また、南の高い位置に窓を作っているので日光が十分に部屋に入り、室内の様子を外に見せない工夫がされています。

床暖房も設けられているため、寒い時期でも暖かく過ごせるでしょう。敷地面積は178.50平方メートル、延床面積は127.73平方メートルです。

多彩な収納のある住みやすい家

収納スペースを多く設けているのが、本体価格1,150万円で建てられた家です。

敷地面積は213.89平方メートル、延床面積は111.79平方メートルと庭も広く、子どもが遊ぶスペースも十分にあります。

1階の半分をLDKにあてているので、奥行きのある空間です。床は無垢の木材を使用し、濃い色を選んでいるので明るさの中にも落ち着きがあります。

2階には洋室が3部屋ありますが、それぞれにクロゼットが備え付けてあり、主寝室には広いウォークインクロゼットもあるので収納する場所には困りません。

広さを感じさせる空間作りと収納を両立させた、家族が過ごしやすい家に仕上がっています。

土地別の住宅事例

次に、土地を購入する際にかかった費用を別にして、2,000万円で建てられた住宅の事例を紹介します。

購入する土地によっては、購入費用の他に不動産仲介手数料・古家解体費用・上下水道関連工事などがかかる場合があります。そのため、費用の内訳をよく確認することが重要です。

土地探しをハウスメーカーに依頼した場合、不動産仲介手数料はかかりません。

信頼できる業者を選んで依頼をしましょう。

流行りの北欧ビンテージを取り入れた家

内装のデザインにこだわりのある家は、本体価格2,000万円で建てられた北欧ビンテージを取り入れた家です。

敷地面積は100.31平方メートル、延床面積は120.69平方メートルと部屋の面積を広くする工夫がされています。

床材には木の温かみが感じられるような無垢材に似た色や質感のフローリングを使用し、キッチンカウンターにはタイルを貼っているので、おしゃれなカフェのような雰囲気です。

照明器具・ブラインド・ファブリックを木製のものにそろえているため、あたたかさや北欧の雰囲気を演出できています。

インテリアの色合いや家具などがテーマに沿ったアレンジされており、毎日の生活が楽しくなる家でしょう。

外観や素材にこだわった家

外観や素材を意識して建てられた家には、漆喰(しっくい)を存分に使用した家があります。

本体価格は1800万円と予算内に抑えたまま、自然の素材を使っているのが、この家のこだわりポイントです。

内外壁に漆喰をたっぷりと使っているため、ペットのにおいが気にならないメリットがあります。

子ども部屋には色漆喰で壁を作り、かわいらしいイメージです。壁の一部にアクセントとして石材を使用しているので、外観の雰囲気とも調和しています。

この家の敷地面積は56.86平方メートル、延床面積は89.13平方メートルになります。

自然素材を使用した爽やかな家

自然素材の使用にこだわった家には、本体価格1,800万円で建てられた家があります。敷地面積は172.27平方メートル、延床面積は99.77平方メートルです。

この家では、さまざまな自然素材を家のあちこちに使用しています。ダイニングとリビングにサクラ無垢の床を設け、壁や天井の素材は漆喰です。壁の一部分にコーラルストーンを貼っているので、ナチュラルな雰囲気です。

建物をL字型にしているため光が多く取り入れられ、どの部屋でもやさしい明るさを感じることができます。1階は20.2畳のLDKが大半を占め、2階の中心にはホールと吹き抜けを作っているため、空間に広がりや奥行きがあるように見せることが可能です。

L字型になっていますが一部屋の面積が広く、吹き抜けがあるのでどこにいても家族のつながりを感じられる家でしょう。

こだわりの住宅を実現するために必要な住宅ローン

住宅を購入するには、非常に高い金額が必要です。

しかし、すべての費用を貯蓄から賄うのは厳しいでしょう。

そのため、住宅を購入する際はローンの利用が必須となります。ローンを利用するときは、発生する費用などのポイントをしっかりと把握しておくのが重要です。

ここでは、住宅を購入するときのローンについて解説します。

購入の際の住宅ローンを組む際に考えるべき費用とは

ローンを利用して住宅を購入する際には、さまざまな費用が発生します。主な費用は、頭金・自己資金・月々の返済額・借入金額です。

資金管理をあやふやにしないためには、それぞれの仕組みや特徴を知っておくのが大切です。それぞれの用語の意味や特徴、ポイントを解説していきます。

頭金

頭金とは、住宅を購入する際に支払える現金です。貯金から支払うケースが多いですが、ローンによっては頭金を支払わない場合もあります。

頭金が多いほど、借りるお金の金額を減らすことが可能です。

そのため、できるだけ多く支払う必要があると思ってしまう人もいるでしょう。

しかし、工夫をすれば頭金が少なくてもローンを組める可能性があります。その際、重要なポイントとなるのがローンの繰り上げ返済です。

ローンの返済が始まってから繰り上げ返済を早めに行えば、頭金の金額を増やしたときと変わらない場合があります。

また、最初に無理をして頭金を多く支払うより、資金に余裕が出てきてから繰り上げ返済を行った方が、家計の管理がしやすいでしょう。

頭金は、必ずしも多く支払えばよいものではありません。自分の返済計画に合った金額を用意しましょう。

自己資金

住宅を購入する費用や準備のために必要となる資金のうち、自分で用意する現金の総額を自己資金と呼びます。住宅ローンを利用して借り入れした資金は、自分で用意したお金ではないので、自己資金に含まれません。

一般的には、物件購入価格の20%以上の自己資金が必要といわれています。自己資金が必要になるのは、頭金と税金・ローンの手続きにかかる費用を支払うときです。

さらに、住宅が建てられたあとに発生する耐久消費財購入費・引っ越し代も自己資金から出さなくてはなりません。

自己資金に余裕がないと、万が一入院をするなどでまとまったお金が必要になったときに、支払いが厳しくなってしまう可能性があります。

いざという出費に備えるために、手元にお金を残しておくことを想定して、資金の配分を考えながら管理をするのがよいでしょう。

月々の返済額

ローンを利用する場合は、月々の返済が生じます。返済金額は借りた金額や金利によって異なりますが、返済が可能な金額に抑えるのが重要です。

月々の返済額の目安として、賃貸物件に住んでいる場合は支払っている家賃の金額を参考にするとよいでしょう。家賃の金額に共益費・駐車場代などを加えた金額を計算し、返済額と住宅の維持費の金額が超えないようにすると、無理のない返済の計画ができます。

また、いつまでにローンを払い終えるかも返済額を決めるときの重要な要素です。一般的に、ローンは月々の返済額を抑えるために35年で組む場合が多いといわれています。

しかし、定年退職を迎える前に完済する計画を立てるのがおすすめです。

ローンを組むときは、家賃を目安にして返済額を決めたり、いつまでに払い終えるかを考えたりして、自分に合った設定をするとよいでしょう。

借入金額

実際にローンを利用して金融機関から借りる全体の金額が、借入金額です。返済額や期間の目安を出して返済の計画が立てられたら、借入金額を計算します。

借入金額を計算するときに使用する数値は、返済期間とローンの金利、住宅ローンの返済にあてられる年間予算です。ローンの金利は、固定型の水準とされている3%を使用します。

まず、返済期間とローンの金利の数値で、1万円あたりのベース金額を計算しましょう。

例えば、返済期間35年・金利3%で計算すると、ベース金額は259万8413円になります。30年では237万1893円、25年では210万8764円です。

次に、住宅ローン返済用の予算を12で割り、さらに1万で割ったうえにベース金額をかけます。算出された金額が、自分の借入金額です。

返済額や借入金額を適当に決めてしまっては、ローンの返済を続けていくうち無理が生じてしまう可能性があります。資金に余裕のある生活ができるように、しっかりと計算して決めましょう。

ローンをどこで組むのかは比較して決める!

ローンの種類は、金融機関によって金利や諸費用などにさまざまな違いがあります。そのため、ローンの特徴をよく比較して選ぶことが重要です。

普段利用している銀行のローンを使用するのもよいですが、他にも魅力的な条件のローンがある場合があります。

どこでローンを組むのか検討している際は、金融機関ごとの条件などを一括で比較できるサイトを利用するのがよいでしょう。

中でも、住宅本舗のサイトは約60の銀行を一度に比較できるのでおすすめです。金利や諸費用などの条件で比較し、最適なローンを選ぶことができます。

また、最大で6つの銀行に仮審査の申し込みができる特徴も魅力的です。

住宅本舗のサイトでは、自分で銀行ごとに仮審査の申し込みをする必要がないので、手続きを早く進められるでしょう。いつでも手軽に利用できるのが大きなメリットです。

まとめ:こだわるポイントと妥協点を見極めて満足の行く家を買おう

住宅の購入は、非常に大きな買い物です。2,000万円で家を建てることは可能です。

ただ、満足できる住宅を建てるためには、妥協するべき点はどこか探しながら計画を立てなければなりません。

住宅の規模や資金配分に無理があれば、その後の生活が苦しくなってしまいます。そのような事態を避けるためには、実際に手続きを始める前に、ローンなどの資金面の計画も含めてしっかりと立てておくことが必要です。

計画している予算で実際に住宅を建てた事例を調べると、希望する住宅のイメージを固めやすくなるでしょう。また、事前にしっかりと計画を立てておけば、購入する際の手続きを順調に進めやすいです。

家庭に合った土地を選んだり、ローンを上手に利用したりして、すてきな住宅を建てましょう。

注文住宅の購入で「失敗して後悔したくない」なら業者の比較が必須

かなちゃん
注文住宅はどこで買っても同じですよね?
住宅博士
それは大きな間違いじゃ。

この業界は「クレーム産業」と呼ばれている通り、優良業者に出会えないと手抜き工事をされて欠陥住宅が完成してしまうんじゃ。

それどころか、手抜きされる上に同じ仕様の家でも、500万円もの金額の開きが出ることはよくある話……。

もったいないじゃろ?

だからこそ、1社でも多くの業者を知り、納得できる優良業者へ見積り依頼して比較するのが鍵なんじゃ。

そこでオススメなのが、積水ハウスやダイワハウス、ミサワホームなど人気会社はもちろん、あなたが住んでいる地域の地元の優良業社から一括で資料請求・比較ができる「LIFULL HOME`S注文住宅」です。

あなたが住んでいる地域の注文住宅の優良業者から一括資料請求・見積りができて、一発でどこが1番安いのかスグにわかります。入力はとても簡単、たった3分で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

また、予算から会社を絞ることもできるので、現実的なプランも建てやすくて夢が広がります。

同じ注文住宅なら、少しでも安い会社を選んでグレードアップしたり家具を買ったりしたいですよね!