総額3000万円の家:注文住宅の間取りを土地込み・別で紹介

「予算3,000万円で家を建てる」という場合、実際には家にいくら費用をかけられるのでしょうか。

土地を持っている状態であれば、建物に3,000万円かけられるということになります。

しかし、土地を持っていない場合はどうでしょうか。3,000万円の予算で土地と建物を探すことになります。

建売ではなく注文住宅を建てるということであれば、さらに難しくなります。土地と建物合わせて3,000万円ですから、土地と建物それぞれの予算をどう分けるかという点が問題になってくるでしょう。

このように、予算を3,000万円に決めてから注文住宅を建てるという場合でも、土地を持っている場合と持っていない場合とでは建てられる家が違ってくることがわかります。

では、実際に総額3,000万円で注文住宅を建てるとしたら、どのような間取りの家を建てられるのでしょうか。

そこでこの記事では、総額3,000万円で建てる注文住宅の間取りを、土地込みと土地別で紹介します。

ただし、あくまでも相場・概算でしかありません。

予算内で注文住宅を建てたい場合、相見積り(複数の住宅会社へ見積りを依頼すること)が必要です。全く同じ仕様の注文住宅であっても、業者ごとに見積り金額が異なるからです。

この中から、気に入った業者を選び、見積りを依頼して予算内で理想の注文住宅を建てるようにしましょう。

 

1.総額3,000万円の予算で建てられる注文住宅

「総額3,000万の注文住宅」と「3,000万円の家」とは一見すると同じように感じられますが、実際は異なります。

総額3,000万円の中に土地代が入っているか入っていないかがわからないからです。

土地込みの総額3,000万円の注文住宅という場合、3,000万円で土地代も支払わなければならないので、3,000万円の家は建ちません。そのため、土地込み3,000万円で立つ家と3,000万円の家とでは当然間取りが異なるというわけです。

土地込みと土地別とでは、総額3,000万円の注文住宅の間取りがどれくらい違ってくるのかを詳しく見ていきましょう。

1-1.土地ありの場合:3,000万円を注文住宅建築に充てられる

自前の土地がある場合、用意した3,000万円をすべて注文住宅に当てることができます。持っている土地の広さにもよりますが、建物を充実させることも、エクステリアにお金をかけることも自由自在です。

土地代を気にすることなく予算をつぎ込めるので、注文住宅ならではの自由な間取りを思う存分楽しめます。どこにどれだけの予算を振り分けて、どんな設備をつけるかを考えればよいだけです。

ただし、土地の形状によっては、宅地に適した土地にするためにお金がかかることもあります。それでも、土地込みで考えるときよりは建物にたくさんの予算をかけられることは間違いありません。

1-1-1.土地あり3,000万円で建てられる注文住宅の間取り

土地を自分で持っている場合、3,000万円の予算で建てられる注文住宅の間取りは本当に自由です。もちろん、土地の形や広さには左右されますが、細部までかなりこだわった家を建てることができます。

予算が3,000万円というのは、平均的な広さや間取りの家をワンランクグレードアップできる位の予算です。お金のかけどころにメリハリをつければ、キッチンもバスルームも、ガレージも一通りこだわりを入れるということも可能です。

注文住宅の坪単価が50万円~60万円すると、予算3,000万円をすべて家にかけられるとしたら、床面積50坪~60坪くらいの家は建てられることになります。

ただし、諸経費や税金分も予算から出ることを想定しておく必要はあります。

注文住宅の魅力は、自分の理想を形にすることですから、少しでも予算を多くかけられれば実現しやすくなることは確かです。予算の全てを注文住宅にかけられる状態なら、理想の住宅にかなり近づけられると思ってよいでしょう。

以下に、土地あり3,000万円で建てられる注文住宅の、間取りイメージを掲載させていただきます。

土地あり総額3,000万円の注文住宅のパース図 土地なし総額3,000万円の注文住宅の間取り図 土地なし総額3,000万円の注文住宅の間取り図

1-2.土地あり総額3,000万円の注文住宅を積水ハウスで新築した事例

実際に土地ありで2,000万円台の住宅を建てたK様の事例を見ていきましょう。購入されたK様の詳細は、以下の通りとなります。

  • 購入した家の金額 :¥29,788,000
  • ハウスメーカー:積水ハウス
  • 居住地区:長野県千曲市
  • 家族構成:本人(夫)、妻、子供2人の4人家族
  • 世帯年収:約¥9,000,000
  • 頭金:¥4,788,000
  • 金利の種類:変動金利 1.9%
  • 毎月付きの支払い金額:¥55,529
  • ボーナス払いの有無:有り+ ¥110,000 年2回

1-2-1.土地あり総額3,000万円の注文住宅の間取りの実例

土地あり総額3,000万円の注文住宅の間取り 土地あり総額3,000万円の注文住宅の間取り

1-2-2.積水ハウスで建てた2,000万円台の注文住宅のこだわり

こだわりは、なんと言っても洋風、それもヨー ロッパ風の黄色の塗り壁とカラフルな瓦でした。写真では分かりにくいかもしれませんが、黄色・赤・茶色 の瓦がランダムに並んでます。

次に、リビングから見たキッチンの画像になります。これも写真では分かりにくいかもしれませんがテレビの後ろの壁と、キッチン手前の壁は、直線上には並ばせず、ワザとずらました。

四角いキッチンの角と、リビングの角を重ねた感じで、斜め奥に広がりを見せて開放感を出しています。照明にもこだわり、フィン付きを選択して開放感ある洋風さをねらいました。

ちなみにテレビの裏側は小上がりにしてあります。

上記の他にこだわった箇所は、玄関の吹き抜けです。

思い描いたような広さにはなりませんでしたが、結構気に入っています。

ただ残念だったのが外壁です。ハウジングメーカーの外壁はパネル式の外壁しか取り扱いがな
く、泣く泣く諦めました。(友達が積水ハウスに勤務していた為)

その分瓦と外壁の色にこだわったので、遠目から見るとそれなりに仕上がりました。

以前聞いた話ですが、納得がいく家を建てるには、3回家を建てる必要があるそうです。3回も家を建てるのは不可能ですが、もっと年月をかけて下調べをし、どのメーカーにするか、もしくは工務店にするのか検討すればよかったと思います。

最後にこれから家の購入を考えている方へのアドバイスですが、ほとんどの方が夫婦で、もしくはお子様を含めた家族で住宅展示場を訪れ、色々と検討するはずです。

滅多に無い事なのでそれぞれにこだわりがあり、意見が合わないことも多々あるかと思います。

私も妻と意見が合わなく散々ケンカしました。意見が合わなく展示場でケンカになり、奥様を殴った旦那様もいるそうです。世帯主である男性が意見を通そうとするようですが、奥様の意見を尊重した方が
良いかもしれません。

新居で誰より長く滞在するのは、結局奥様なわけですから……。

ただ、展示場へ直接足を運ぶためには、時間が無かったり、営業をされたりすることを考えると難しいですよね。

そこで、「LIFULL HOME`S注文住宅」や「タウンライフ家づくり」などの無料であなたの家の近くのハウスメーカーから一括資料請求ができるサービスの利用が重要になります。1社でも多くのことを知り、あなたの理想を実現してくれる優良業者と出会える確率を上げましょう。

 

1-3.土地なしの場合:予算3,000万円ではローコスト住宅に

土地を持っていない場合、注文住宅を建てるためには住宅用地の購入が不可欠です。つまり、土地なしで予算3,000万円の注文住宅を建てる場合は、土地代との予算配分を考えなければなりません。

いくら安い郊外の土地を購入する場合でも、総額3,000万円の予算では3,000万円の家は建てられません。

土地込み3,000万円ですから、最高に予算をかけられても、家にかけられるのは2,000万円まででしょう。

家にかけられる予算が1,000万円違うと、注文住宅の場合かなり仕上がりにも差が出ます。坪単価50万円の注文住宅だと建坪40坪までですし、もっと広い家を建てようと思うと、素材や設備にかけるお金を削らなければなりません。

土地込みの予算を3,000万円に設定し、購入した土地の上に注文住宅を建てようとしたら、どうしてもローコスト住宅を選ばざるを得ない状況になります。

注文住宅の良さを活かした家を建て酔うと思えば、予算を高くするか、建坪を思い切って狭くするしかありません。

1-3-1.土地なし・込み3,000万円で建てられる注文住宅の間取り

土地込みで総額3,000万円の予算で注文住宅を建てるのであれば、土地をできるだけ安く購入して、住宅にかける予算を増やすことを考えるのが一般的です。それでも、せっかく注文住宅を建てるのですから、ある程度の広さの土地は用意したいところです。

土地を1,000万円で購入して2,000万円の家を建てることを想定してみましょう。標準的な注文住宅の土地単価50万円~60万円で建てるとしたら、建坪は33坪~40坪ということになります。

もし仮に、家にかける予算が2,000万円でありながら、建坪は最低でも50坪必要ということになると、坪単価が40万円まで落ちてしまいます。これは注文受託としてはかなりローコストといえます。

坪単価を下げても建坪を確保したら、間取りや見た目は普通の注文住宅に近づけるかもしれません。

しかし、コストを下げ過ぎると、気を付けなければならないことがいろいろと出てきます。

特に、断熱材にかけるコストと人件費を削るととんでもない家に仕上がってしまうので要注意です。

以下に、土地なし3,000万円で建てられる注文住宅の、間取りイメージを掲載させていただきます。

土地なし総額3,000万円の注文住宅のパース図

1階の間取り

土地あり総額3,000万円の注文住宅の間取り図

2階の間取り

土地あり総額3,000万円の注文住宅の間取り図

2.3,000万円の注文住宅を購入した場合の毎月付きの住宅ローンの返済額

土地を持っている場合でも、土地込みで注文住宅を建てる場合でも、全額を現金で支払う人はほとんどいないでしょう。注文住宅を購入する際には、住宅ローンを組むのが一般的です。

3,000万円全額を借りるのか、一部頭金を入れて借りるのかの違いによって、月々の返済金額が大きく変動します。返済の負担を減らすためにも、できるだけ、借入額は低く抑えることを目指しましょう。

ちなみに、借入額3,000万円、元利均等の35年ローンを変動金利0.5%で借りたとすると、毎月の返済額は7万7,875円、総返済額は3270万7,560円です。

一方、同じく借入金3,000万円を元利均等の35年ローン、固定金利1.5%で借りたとすると、毎月の返済額は9万1,885円、総返済額は3857万9007円です。

参考:【住宅保証機構株式会社】返済額の試算にて計算

今回の計算には、将来の金利変動が反映されていないので、変動金利と固定金利を比較するような結果にはなっていません。

しかし、金利が1%違うことで、月々の返済額は約1万4,000円、総返済額になると約587万円という大きな差になることがわかりました。

住宅ローンを組む時には、借入金額はもちろん、金利や借入年数も考慮に入れ、返済の負担をできるだけ軽減するような借り方をすることが大事です。

2-1.頭金を用意すると返済金額を抑えられる

家を建てる場合の予算は、たいていの場合ローンを組むことを前提にした金額です。そのままキャッシュで支払う人はまずいません。

総額3,000万という予算の場合も同様です。3,000万円借りたら、月々利息と共に返済していく必要があります。

住宅ローンの場合、月々返せる金額であれば総額はいくら借りていても問題なさそうに感じるかもしれません。

しかし、返済にかかる年数が長くなると、その分、利息を余分に払うことになってしまいます。

ですから、借り入れの金額はできるだけ短い年数で返済しきれる金額であることが重要です。そのうえで、月々の返済額も生活に支障をきたさないくらいの金額で抑えておかなければなりません。

つまり、できるだけ月々の返済額を抑えながら返済年数も短くするのですから、借入金は最小限に抑えなければならないということです。

そのためには、可能な限り多く頭金を用意することが求められます。

具体的な例として、先の段落の変動金利0.5%と固定金利の1.5%の借り入れを2割の頭金を入れたケースで計算してみましょう。頭金2割は600万円なので、借入金額は2400万円です。

変動金利0.5%で借りた場合、毎月の返済額は6万2,300円、総返済額は2616万5,994円です。一方、固定金利1.5%の方は、毎月の返済額7万3,484円、総返済額は3086万3,159円です。(※1)

相変わらず変動金利と固定金利の差がしっかり出ない計算ですが、頭金を入れた方が月々の負担も総返済額も大幅に減ることがはっきりわかります。

2-2. 3,000万円の住宅ローンを組める年収

住宅ローンには返済負担率という考え方があります。年収のうちどのくらいの割合までなら返済に充てても大丈夫かという基準です。

金融機関などでローンが可能かどうかを判断する基準は、年収400万円未満の場合30%、400万円以上の場合35%です。つまり、年収300万円なら年間の返済額は90万円まで、500万円なら175万円までという具合です。

ですから、これを基準にすれば、年収300万円でも住宅ローンは組めるということになりますが、年額90万円の返済額は、月額7万5,000円です。

この割合で住宅ローンを返済していくのは、現実的に厳しいといえるでしょう。同じ年額90万円の返済を、返済負担率は20%近くまで抑えて無理なく返して行ける年収は450万円です。

頭金を用意してローンを組む場合でも、年収は450万円以上あった方が無理なくローンを組めます。

3.注文住宅の購入以外にかかる諸費用は2割

住宅を購入する際には、土地代や建物代の他に諸費用がかかります。注文住宅の場合の諸費用は購入金額の約2割です。

諸費用は全体の約1割ということを聞いたことがある人は意外に思うかもしれません。実は1割というのは、建売住宅やマンションなど既に出来上がった家を購入する場合の諸費用の割合です。

注文住宅の場合は、建売やマンションの購入とは違い、諸費用を一括では払えません。注文住宅は諸費用が発生するごとに諸費用を支払っていきます。

ですから、家を建てるのに頭金を用意せず、全額ローンを組もうと思っている場合は要注意です。諸費用をローンで支払うことはできないからです。

諸費用は、土地を購入したときから、住宅を建てている最中も少しずつ必要になります。

しかし、住宅ローンが下りるのは物件の引き渡しのときです。

ただし、土地があるときとないときとでは諸費用の金額が異なります。土地購入の際に発生する諸費用があるからです。

元々自分の土地を持っている場合は、家を建てる際に土地購入に関する諸費用は必要ありません。そのため、諸費用の金額は違ってきます。

いずれにしても、頭金なしで住宅購入を考えるのは危険です。購入価格の約2割の頭金があると安心だというのは、諸費用分は自己資金で用意しておきたいという意味でもあります。

3-1.土地購入にかかる諸費用一覧

土地の売買契約の際には手付金が必要になります。購入代金の一部を先に支払う形で、通常は約10%です。

手付金の割合は、売主と買主の話し合いで決まるので、10%を上回ることもあります。買主の都合でキャンセルする場合は手付金が返ってこないので注意しましょう。

土地購入の際には手付金以外にもの諸費用が発生します。ひとつは売買契約書に収入印紙を貼って納める印紙税です。

印紙税の額は、売買金額によって異なります。500万円~1,000万円は1万円、1,000万円~5,000万円は2万円です。

土地の売買に仲介が存在する場合には、仲介手数料の半額が必要になります。売主と買主が仲介手数料を折半する形になるからです。

また、土地を登記する際には土地登録免許税や司法書士に支払う所有権移転登記報酬も必要です。

3-2.注文住宅を建設する際にかかる諸費用一覧

工務店やハウスメーカーに注文住宅の建設を依頼するときは、建築請負契約を結びます。その際には印紙税が必要です。

建物を建てる前には地盤調査や地盤の改良を行います。その際に発生するのが地盤調査費用や地盤改良費用です。

住宅ローンを組む時にも諸費用が発生します。保証料や事務手数料、印紙税、つなぎ融資費用など細かい費用がたくさん必要になるので注意しましょう。

3-3.その他、住宅購入の際にかかる諸経費一覧

住宅を新築する前には、上棟式や地鎮祭などを行います。その際の祭祀費用も諸経費として計算に入れておきましょう。

住宅ローンの融資時には火災保険や地震保険に加入しなければなりません。その保険料もローンでは支払えないので諸費用として用意しておきます。

仮住まいや引っ越しの費用も準備が必要です。新居で使うカーテンや照明の購入費やインターネット工事費、エアコン取り付け費なども計算に入れておきましょう。

4.予算3,000万円で購入できる注文住宅の幅を広げる方法

土地がない場合、総額3,000万の予算で注文住宅を建てるのは簡単ではなさそうです。3,000万円の予算の中に、土地代と建物代の他に諸費用も含まれているからです。

しかし、予算3,000万円で注文住宅を建てることは決して不可能ではありません。どのような工夫をすれば3,000万円の予算で土地込みの注文住宅を建てられるのか、もう少し深く考えてみましょう。

4-1.購入する土地費用を抑える

総額3,000万円で土地込みの注文住宅を建てることを考えたとき、もっとも大きく変えられそうなのは土地代です。土地は面積だけでなく、形状や場所によっても値段に差が出るからです。

立地に対して贅沢な条件を付けて探しているなら、ある程度立地を妥協することも必要です。建築条件つきの土地や分譲地を利用するのも土地代を安くすることに繋がります。

ただし、ただ安い土地を購入すればよいというわけではありません。あまりにも家を建てるのに適さない形状の土地を購入してしまうと、宅地化するのに余分なお金がかかります。

また、あまりにも郊外に土地を購入してしまうと、住み始めてからお金がかかるということも考えられます。ですから、生活に影響が出ない範囲で立地を妥協することが重要です。

4-2.総二階建てなどにして、注文住宅の仕様をシンプルにする

シンプルな四角い形の総二階建ての家は材料に無駄が出ない分、建築費が割安です。家は複雑な形になるほど、柱や壁を作るときに無駄な部分が多くできるため、建築費が高くなるということを覚えておきましょう。

総二階建ての家は、割安に建てられるのに、耐震性などで優れています。外に接している面が少ない分、断熱性の良さも魅力です。

おしゃれな家にしたいのに、価格を下げるために総二階建てで妥協したと思うと不満を感じるかもしれません。しかし、耐震性や断熱性といった家として大事な部分が優れているから選んだのだと思えば満足感が高まります。

4-3.大手ハウスメーカーは経費が高いので地元の工務店を採用する

テレビコマーシャルや住宅展示場でよく見かける大手ハウスメーカーを選んでおけば、安心と感じる人が多いかもしれません。しかし、大手ハウスメーカーで建てると坪単価が高くつきます。

同じような家を建てるのに無駄なお金を払うのはもったいないことです。地元の工務店を選ぶだけでも坪単価を大きく抑えて家を建てることができます。

4-4.複数の住宅会社に見積りをとり見比べる

複数の住宅会社を相手に相見積もりを取ることは、注文住宅を建てる際にとても大事なことです。複数の会社を見比べれば、見積書の書き方や内容にも違いがあることに気が付きます。

同じ土地に建てる家でも、住宅会社ごとに提案内容が異なります。実際に出してもらった見積書を比較してみることで、ニーズに合った提案をしてくれる住宅会社とそうでない会社があることにも気が付くはずです。

また、相見積もりにすることで、住宅会社同士で競争もしてもらえます。単独で見積もりを依頼するよりも価格が安くなるのが普通です。

まとめ

予算3,000万円で注文住宅を建てるといっても、土地ありと土地なしの場合では家にかけられる予算が大きく違うことがよくわかったのではないでしょうか。

しかし、3,000万円の予算でも土地込み出注文住宅を建てることは不可能なことではありません。

安い土地を探したり、住宅会社を選んだりすれば自分好みの家を建てることは可能です。諸費用分の頭金を準備して、注文住宅を建ててみてはいかがでしょうか。

注文住宅の購入で「失敗して後悔したくない」なら業者の比較が必須

かなちゃん
注文住宅はどこで買っても同じですよね?
住宅博士
それは大きな間違いじゃ。

この業界は「クレーム産業」と呼ばれている通り、優良業者に出会えないと手抜き工事をされて欠陥住宅が完成してしまうんじゃ。

それどころか、手抜きされる上に同じ仕様の家でも、500万円もの金額の開きが出ることはよくある話……。

もったいないじゃろ?

だからこそ、1社でも多くの業者を知り、納得できる優良業者へ見積り依頼して比較するのが鍵なんじゃ。

そこでオススメなのが、積水ハウスやダイワハウス、ミサワホームなど人気会社はもちろん、あなたが住んでいる地域の地元の優良業社から一括で資料請求・比較ができる「LIFULL HOME`S注文住宅」です。

あなたが住んでいる地域の注文住宅の優良業者から一括資料請求・見積りができて、一発でどこが1番安いのかスグにわかります。入力はとても簡単、たった3分で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

また、予算から会社を絞ることもできるので、現実的なプランも建てやすくて夢が広がります。

同じ注文住宅なら、少しでも安い会社を選んでグレードアップしたり家具を買ったりしたいですよね!